用語集

齲蝕・う蝕(うしょく)
虫歯のこと。カリエス。(歯科用語)

口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。
日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患するようになっています。
 6年に一度行われる歯科疾患実態調査(2005年)の結果では、6歳における乳歯の虫歯および12歳における永久歯のう蝕有病歯率(処置された、あるいは未処置の虫歯をもっている割合)がともに回を追うごとに減少してきています。
すなわち、乳歯・永久歯とも虫歯の急増しやすい時期における減少傾向が認められます。
 虫歯は、砂糖を含む食物との関連が深いことがわかっています。
特に、毎日の砂糖を含む食物の摂取量が多いと、虫歯が多発することがあります。