矯正歯科

後戻り(あともどり)
矯正治療の終了後や、矯正装置の使用をやめた後などに、不正咬合の状態に戻ってしまうことを後戻りといいます。
矯正治療で歯並びや噛みあわせを治した後に、その状態で安定するには相当の時間(期間)がかかります。
また、歯並びやかみ合わせは、舌や唇の力をはじめ、噛む力など、いろいろな要因の影響を受けているため、
歯並びだけ治っても、これらの不正咬合の原因となるものが残っていると、折角治療した歯並びがずれていく原因になります。