用語集

アーチワイヤー
歯列矯正で、矯正装置に組み込む歯に接着したブラケットに通すワイヤーのことである。
ワイヤーのもつ弾性(曲げたときにも元に戻ろうとする力)を利用して歯を動かします。 歯列矯正では、このアーチワイヤーの長さや曲がり具合調整して、2本以上の歯に装着して、歯の動きを誘導をいたします。

歯列矯正では、歯の表面に接着(装着)したブラケットにワイヤーを結紮して、歯を動かし、また、このワイヤーのことをアーチワイヤーと言います。 このワイヤーのもつ弾性(曲げたときに元に戻ろうとする力)を利用して歯を動かしていきます。
アーチワイヤー自体の弾性を利用して、レールにしてワイヤーに沿った歯の移動を行う場合や、歯を動かす場合など、歯列矯正の内容によってさまざまな使い方をして、歯列矯正をおこなうために非常に重要な必須のパーツにあたります。 矯正の初期では、まず大まかに歯ならびをととのえる必要があり、細く柔らかなアーチワイヤーを使用するのが一般的な使用方法であります。歯の矯正が進行するにつれて、アーチワイヤーを、歯の移動のレールとしてもちいたり、微妙な調節をおこなうために、太く、固いアーチワイヤーに交換しながら調整します。

また、マルチブラケット法で、ブラケットの中心にあるブラケットスロット(溝)に、中を歯列全体にわたり、通してあるワイヤーのことを指しているアーチワイヤーですが、曲げることの出来る銀色のワイヤーのステンレススチール系、超弾性を持つ形状記憶合金、治療の最初の段階でよく用いられるニッケルチタン系、また特殊の素材として、コーティング系のワイヤーがあります。それらを使用し、より審美的に見せるためにゴールド色や白色などにコーティングを施してあるものもあります。

アーチワイヤーでお困りの方がいらっしゃいましたら新宿の矯正歯科、吉井矯正歯科までご相談ください。