用語集

アーチレングスディスクレパンシー
アーチレングスディスクレパンシー(arch length discrepancy)とは、歯列弓の大きさと歯の大きさの不調和をいいます。
人の歯は、顎の骨という決まったスペースに、決まった本数だけ並べる必要がある。
これがもし、歯列弓が小さすぎたり、歯のサイズが大きすぎたりすると、28本(智歯を含めると32本)の歯が収まり切らなくなり、その結果生じるのが「叢生」や、「八重歯」などが生じてしまいます。ですので、以下の2つが適切でなければ、歯列不正を招くこととなります。

きれいな歯並びに歯をならべるために不足している、または余っているスペースのこと。 単位はミリ(mm)。歯が生えるスペースが不足(アーチレングスディスクレパンシーがマイナス)だとでこぼこ(叢生)となり、隙間が余って(アーチレングスディスクレパンシーがマイナス)いれば、すきっ歯(空隙歯列弓)となります。(スペースが不足している場合は-、余っている場合は+の符号をつける。)
スペースが足りない場合には、歯列矯正により歯並びの幅を広げたり、歯を後方に移動したりして、すき間を確保しますが、それでも足りない場合は抜歯を選択することになります。
スペースが余っている場合も見た目や発音の問題から歯列矯正治療の必要が有り、すきっ歯のスペースを閉鎖していきます。ディスクレパンシーとは不調和という意味で、アーチレングスディスクレパンシーの絶対値が大きいことは、歯と顎の大きさのバランスがとれていないことを表しております。

歯槽基底周長と、歯の近遠心幅径の総和にどれくらい差異があるか、算出した数値にあたり、ほとんどの症例はこの値が0ではないため、これを解消する必要性が生じてます。
値では、下顎のスタディモデルを用いて、左右第二小臼歯遠心面間の歯根尖付近歯槽部円周距離を真鍮線などで測ります。その値から、左右第二小臼歯間に存在する歯冠近遠心幅径総和を減じて求めますが、この方法では歯列弓上の「ライン」をどこに置くかを決めることがなかなか困難である場合も多いです。Jarabackによるブロークン・コンタクト法を推奨するものが多くあります。この方法は、歯列周長の過不足がある部分を部位ごとに算出し、その総和を求めるものであります。 未萌出歯・埋伏歯につきましては、咬合法エックス線写真などから、拡大率などを考慮して測定し、欠損歯については同名対称歯ないしは平均値を代入して求めます。

アーチレングスディスクレパンシーでお困りの方がいらっしゃいましたら新宿の矯正歯科、吉井矯正歯科までご相談ください。