矯正歯科

アデノイド/咽頭扁桃(いんとうへんとう)
鼻の奥、口蓋垂の後ろ側にあるリンパ組織のことで、咽頭扁桃ともいう。
小児の時期には大きく、10歳頃を境に、思春期頃には小さくなるのが普通です。しかし大きくなりすぎると鼻詰まりや口呼吸などの原因になります。