院長 島 千春(吉井矯正歯科新宿クリニック)

 矯正治療に興味があるけど、なかなか一歩を踏み出せずにいる方はたくさんいらっしゃるのではないかと思います。
 ひとえに歯並びを改善すると言っても、審美的な要素だけではありません。凸凹が多い歯並びだと歯磨きが大変でも、歯並びが綺麗になるともっと楽に磨けるようになります。上下の歯がしっかりかみ合うことで今までより効率よくものを噛め、より食事を楽しめるようにもなります。また、局所的に歯に余計な力がかからず歯を長持ちさせることもできます。 歯並びを治すことにより、たくさんのメリットを得ることができ、様々な面から人生をより豊かに過ごすことができます。歯は一生付き合っていくものです。歯並びに対してコンプレックスをもって過ごしている方、貴重な時間を悩むことに費やさず、一度ご相談にいらして下さい。

  • 吉井矯正歯科新宿クリニック
  • 院長 島 千晴

プロフィール
■名前    島 千晴
■出身    富山県
■趣味    ヨガ 旅行
■座右の銘  一期一会
矯正専門医より

矯正専門医になったキッカケ

 私は笑うことや周りの人の笑顔をみるのが何よりも好きです。
そんな私が小学生の頃、笑う時に手で口元を隠す友達や知り合いが私の周りにいらっしゃいました。「口元にコンプレックスを抱いているから」という理由の方がほとんどでした。素敵な笑顔なのに、めいっぱい笑えず隠してしまうなんてなんて勿体ないのだろう、と感じていました。 笑顔は自分自身も周りの人の心も幸せにしてくれます。コンプレックスを取り除くことで素晴らしい笑顔をつくる仕事に携わりたいと思ったのが最初のきっかけでした。

仕事に対して、大切にしていること

 矯正治療は一般的な虫歯の治療とは違い、長期的な治療となり、定期的に歯科医院に通っていただきます。気になることをおっしゃっていただき、それを一緒に解決していくことにより、治療がスムーズに進んでいきます。患者様に、治療の最初から最後まで気持ちよく、納得して通っていただけるよう、日々心がけています。
治療中に気になる事やご要望がありましたら、気兼ねせずにおしゃって下さい。

印象に残ったエピソード

 矯正治療に対して色んな心配事を持たれている方は多いと思います。
治療が進んでいくにつれて、「今の状態がどうなっているのか」、「今後の流れはどうなっていくのか」と疑問を抱えている患者様がいらっしゃいました。
そんな患者様から、「先生に治療中の悩みを話すと落ち着きます」、「よく説明してくれる先生に診てもらえてよかった」というお声を頂きました。笑顔で、ときには別れを惜しんで涙ぐんで矯正治療を卒業されて行く患者さんもいらっしゃいます。そんな患者さんの言葉と笑顔が私たちにとって何よりの励みとなっています。

経歴
2009年 東京歯科大学卒業
2009年 東京歯科大学臨床研修
2010年 東京歯科大学歯科矯正学講座 常勤勤務
2013年 吉井矯正歯科クリニック 副院長
2015年 吉井矯正歯科新宿クリニック 院長
学会
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
東京歯科大学学会
MFT学会
中学生以上対象限定サービス! 大人向けキャンペーン
3歳~12歳(小学生)男女限定サービス! 子供向けキャンペーン